苦しんで覚えるC言語



苦Cが対象とするのは、真面目にC言語を覚えたい初心者です。
以下のような人は、インターネットで検索するか、本屋に行くことをお勧めします。

・大学・専門学校で出されたプログラミングの課題の答えが知りたい。
・知識として、C言語のことを知りたい。
また、読者の人が、ある程度のコンピュータの操作ができることを前提としています。
以下のことが、まあまあできるという人は、十分合格です。

・キーボードを使って、簡単な文章を作ることができる。
・ファイルの、保存・コピー・削除などができる。
・インターネットでファイルのダウンロードができる。
C言語のプログラムを記述するには、当然キーボードを使用します。
でも、やることは主に半角英数字の入力ですし、速く打ち込む必要もありません。
とにかく、文字の入力さえできればそれでかまいません。

苦Cで使用するソフトウェアは、インターネットからダウンロードして入手します。
従って、インターネットがある程度出来る必要があります。

C言語のプログラムはテキストファイルです。
これを取り扱うために、ファイルの取り扱いに関する知識が必要になります。

目次に戻る