<戻る  目次  進む>  
          <戻 進> 雑誌 白黒 明暗   フォント 既定 ゴシック 明朝 手書き   サイズ   標準  


   練習問題7   

  1. 第1項:基本知識
  2. 第2項:プログラム読取
  3. 第3項:プログラム書取
  4. 第4項:記述式
  5. 第5項:基本知識(解答例)
  6. 第6項:プログラム読取(解答例)
  7. 第7項:プログラム書取(解答例)
  8. 第8項:記述式(解答例)


[1]基本知識


[  1-1  ]
条件判断の時には0以外の数値のことをなんと呼ぶか。

[  1-2  ]
条件判断の時には0のことをなんと呼ぶか。

[  1-3  ]
{}で囲むことで、複数の文をまとめることをなんと呼ぶか。
解答例

目次に戻る


[2]プログラム読取


[  2-1  ]
次のプログラムは、何を表示するためのプログラムなのか、
処理内容や変数名から判断して答えよ。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int value,rest;
	
	scanf("%d",&value);
	
	rest = value % 2;
	
	if (rest == 0) printf("E");
	if (rest == 1) printf("O");
	
	printf("\n");
	
	return 0;
}
解答例

目次に戻る


[3]プログラム書取


[  3-1  ]
西暦年を入力すると、その年にオリンピックが開かれるか、
表示するプログラムを作成せよ。
可能なら、夏季と冬季の区別も表示できればなお良い。
ヒント:シドニー五輪(夏)は2000年開催であった。
※条件がややこしくなるので、
 以前夏季と冬季が同じ年だった時期のことは無視する。
解答例

目次に戻る


[4]記述式


[  4-1  ]

if (-1) printf("OK\n");
上記のプログラムを実行すると、OKが表示されるが、
それは何故か簡潔に説明せよ。
解答例

目次に戻る


[5]基本知識(解答例)


[  1-1  ]

※英語では true

[  1-2  ]

※英語では false

[  1-3  ]
ブロック or 複文
問題

目次に戻る


[6]プログラム読取(解答例)


[  2-1  ]
入力値が奇数か偶数かを表示する。
※O は odd の略、E は even の略です。
※% は余りを計算します。忘れていませんね。
※最後のprintf関数は改行するためだけにあります。
問題

目次に戻る


[7]プログラム書取(解答例)


[  3-1  ]

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int year;
	
	printf("西暦年を入力して下さい:");
	scanf("%d",&year);
	
	if (year % 4 == 0) printf("夏季五輪\n");
	if (year % 2 == 0 && year % 4 != 0) printf("冬季五輪\n");
	if (year % 2 != 0) printf("五輪なし\n");
	
	return 0;
}
※ここでは、五輪が開催される年は2で割り切れ、
 さらに夏季五輪の時は4でも割り切れることを利用した。
※他の計算方法も考えられるので、計算で求めていれば正解とする。
※計算せずに、年をそのまま比較している場合は不正解とする。
問題

目次に戻る


[8]記述式(解答例)


[  4-1  ]
if文では、0以外の数値は全て真と見なすので、
たとえ負の値であっても実行するから。
問題

目次に戻る


<−前に戻る  先頭に戻る  次へ進む−>