回数がわからない繰り返し

練習問題10

MMGames


基本知識


1-1
while文の様に、条件が先に判定される繰り返しをなんと呼ぶか。
1-2
do~while文の様に、条件が後に判定される繰り返しをなんと呼ぶか。
解答例


プログラム読取


2-1
次のプログラムは、何を表示するためのプログラムなのか、
処理内容や変数名から判断して答えよ。
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int year = 0;
	double money = 10000;
	
	while (money < 15000) {
		year++;
		money *= 1.01;
	}
	
	printf("%d , %f\n",year , money);
	
	return 0;
}
解答例


プログラム書取


3-1
テストの点数を入力するプログラムを作りたい。
ただし、テストの点数は0~100までしかないので、
それ以外が入力された場合には再入力させるようにすること。
解答例


記述式


4-1
do~while文は何故入力チェックに向いているのかを簡潔に説明せよ。
解答例

基本知識(解答例)


1-1
先判定
1-2
後判定
問題


プログラム読取(解答例)


2-1
金利年1%の銀行に10000円を預けた場合に、
それが15000円になるのに何年かかるかを表示するプログラム。
問題


プログラム書取(解答例)


3-1
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	
	int score;
	
	do {
		printf("点数を入力して下さい:");
		scanf("%d",&score);
	} while (score < 0 || score > 100);
	
	printf("入力された点数 %d\n",score);
	
	return 0;
}
再入力の時にメッセージを表示させたい場合には次のようにする。
変数scoreに0が入っているかどうかで初めの入力かどうかを区別している。
scoreに0が入力された場合はループから抜けるので、条件がかぶることはない。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	
	int score = 0;
	
	do {
		if (score != 0) printf("点数は 0~100の範囲で入力して下さい。\n");
		printf("点数を入力して下さい:");
		scanf("%d",&score);
	} while (score < 0 || score > 100);
	
	printf("入力された点数 %d\n",score);
	
	return 0;
}
問題


記述式(解答例)


4-1
do~while文は後判定ループなので、初めに必ず1回は実行され、
入力を行わないという事態が起こらないため。
問題

サイト目次


第0部:プログラム概要編

  1. プログラムとは何か?

2章:プログラムの書き方

  1. 書き方のルール
  2. 書き方の慣習
  3. 練習問題2

3章:画面への表示

  1. 文字列の表示
  2. 改行文字
  3. 練習問題3

6章:キーボードからの入力

  1. 入力用の関数
  2. 入力の恐怖
  3. 練習問題6

9章:回数が決まっている繰り返し

  1. 繰り返しを行う文
  2. ループ動作の仕組み
  3. 練習問題9

10章:回数がわからない繰り返し

  1. 回数不明ループ
  2. 入力チェック
  3. 練習問題10

13章:複数の変数を一括して扱う

  1. 複数の変数をまとめて扱う
  2. 配列の使い方
  3. 練習問題13

20章:複数のソースファイル

  1. 最小限の分割
  2. 分割の定石
  3. 練習問題20