複数の変数を一括して扱う

練習問題13

MMGames


基本知識


1-1
同じ型の変数をまとめて取り扱う方法をなんと呼ぶか。
解答例


プログラム読取


2-1
次のプログラムは何を計算しているのか、
処理内容や変数名から判断して答えよ。
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int data[] = {79,42,39,79,13,75,19};
	int i,sum = 0,avg;
	
	for (i = 0;i < sizeof(data) / sizeof(data[0]);i++) {
		sum += data[i];
	}
	
	avg = sum / (sizeof(data) / sizeof(data[0]));
	
	printf("%d\n",avg);
	
	return 0;
}
解答例


プログラム書取


3-1
入力された10個の数値を最後から表示するプログラムを作成せよ。
解答例


記述式


4-1
配列の最大の利点は何であるか、簡潔に説明せよ。
解答例

基本知識(解答例)


1-1
配列
問題


プログラム読取(解答例)


2-1
平均値を計算している。
問題


プログラム書取(解答例)


3-1
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int data[10];
	int i;
	
	for (i = 0;i < 10;i++) {
		printf("%d 番目の数値を入力して下さい:",i);
		scanf("%d",&data[i]);
	}
	
	for (i = 9;i >= 0;i--) {
		printf("%d ",data[i]);
	}
	printf("\n");
	
	return 0;
}
※ここでは表示するときにループを逆順に回しているが、
 わかりにくければ下のように表示する番号だけを反転しても良い。

for (i = 0;i < 10;i++) {
	printf("%d ",data[9 - i]);
}
問題


記述式(解答例)


4-1
番号を変数で指定することで、大量の変数をまとめて扱えること。
問題

サイト目次


第0部:プログラム概要編

  1. プログラムとは何か?

2章:プログラムの書き方

  1. 書き方のルール
  2. 書き方の慣習
  3. 練習問題2

3章:画面への表示

  1. 文字列の表示
  2. 改行文字
  3. 練習問題3

6章:キーボードからの入力

  1. 入力用の関数
  2. 入力の恐怖
  3. 練習問題6

9章:回数が決まっている繰り返し

  1. 繰り返しを行う文
  2. ループ動作の仕組み
  3. 練習問題9

10章:回数がわからない繰り返し

  1. 回数不明ループ
  2. 入力チェック
  3. 練習問題10

13章:複数の変数を一括して扱う

  1. 複数の変数をまとめて扱う
  2. 配列の使い方
  3. 練習問題13

20章:複数のソースファイル

  1. 最小限の分割
  2. 分割の定石
  3. 練習問題20