ファイルの取り扱い

練習問題17

MMGames


基本知識


1-1
文字情報のみが書き込まれたファイルのことをなんと呼ぶか。
1-2
数値のみが書き込まれたファイルを
上記のファイルと区別して特になんと呼ぶか。
解答例


プログラム読取


2-1
次のプログラムを実行すると、
何という名前のファイルにどんな形式でどんな値が書き込まれるか。
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	
	FILE *fp;
	int dat[3] = { 10 , 20 , 30 };
	
	fp = fopen("file.dat","wb");
	fwrite(&dat,sizeof(dat),1,fp);
	fclose(fp);
	
	return 0;
}
解答例


プログラム書取


3-1

番号名前テストの平均点
1野比のび太0
2源静香90
3剛田武40
4骨川スネ夫70
この表をエクセルでも開ける形式で作成するプログラムを作成せよ。 ヒント:CSV形式はどんな表計算ソフトでも開ける。

解答例


記述式


4-1
ディスプレイに表示すれば良いはずの情報を、
わざわざファイルにするのは何故か簡潔に述べよ。
解答例

基本知識(解答例)


1-1
テキストファイル
1-2
バイナリファイル
問題


プログラム読取(解答例)


2-1
file.datファイルに、10,20,30という値がバイナリ形式で書き込まれる。
問題


プログラム書取(解答例)


3-1
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	
	FILE *fp;
	
	fp = fopen("test.csv","w");
	
	fprintf(fp,"番号,名前,テストの平均点\n");
	fprintf(fp,"1,野比のび太,0\n");
	fprintf(fp,"2,源静香,90\n");
	fprintf(fp,"3,剛田武,40\n");
	fprintf(fp,"4,骨川スネ夫,70,\n");
	
	fclose(fp);
	
	return 0;
}
※ここでは文字列リテラルで指定しているが、
 もちろん配列などを利用しても良い。
※fclose関数を忘れている場合は減点とする。
問題


記述式(解答例)


4-1
ファイルにすれば、半永久的に保存でき、編集や受け渡しが容易になるから。
問題

サイト目次


第0部:プログラム概要編

  1. プログラムとは何か?

2章:プログラムの書き方

  1. 書き方のルール
  2. 書き方の慣習
  3. 練習問題2

3章:画面への表示

  1. 文字列の表示
  2. 改行文字
  3. 練習問題3

6章:キーボードからの入力

  1. 入力用の関数
  2. 入力の恐怖
  3. 練習問題6

9章:回数が決まっている繰り返し

  1. 繰り返しを行う文
  2. ループ動作の仕組み
  3. 練習問題9

10章:回数がわからない繰り返し

  1. 回数不明ループ
  2. 入力チェック
  3. 練習問題10

13章:複数の変数を一括して扱う

  1. 複数の変数をまとめて扱う
  2. 配列の使い方
  3. 練習問題13

20章:複数のソースファイル

  1. 最小限の分割
  2. 分割の定石
  3. 練習問題20