<戻る  目次  進む>   
          <戻 進> 雑誌 白黒 明暗   フォント 既定 ゴシック 明朝 手書き   サイズ   標準  


   練習問題20   

  1. 第1項:基本知識
  2. 第2項:プログラム書取
  3. 第3項:記述式
  4. 第4項:基本知識(解答例)
  5. 第5項:プログラム書取(解答例)
  6. 第6項:記述式(解答例)


[1]基本知識


[  1-1  ]
主に宣言を記述するファイルをなんと呼ぶか。

[  1-2  ]
実際のプログラムが記述されたファイルをなんと呼ぶか。
解答例

目次に戻る


[2]プログラム書取


[  2-1  ]


void InputPeople(People *data)
{
	printf("名前:");
	scanf("%s",data->name);
	printf("年齢:");
	scanf("%d",&data->age);
	printf("性別(1-男性、2-女性):");
	scanf("%d",&data->sex);
	printf("\n");
}

void ShowPeople(People data)
{
	char sex[16];
	
	printf("名前:%s\n",data.name);
	printf("年齢:%d\n",data.age);
	
	if (data.sex == 1) {
		strcpy(sex,"男性");
	} else {
		strcpy(sex,"女性");
	}
	
	printf("性別:%s\n",sex);
	printf("\n");
}

このプログラムをヘッダーファイルとソースファイルにまとめなさい。
解答例

目次に戻る


[3]記述式


[  3-1  ]
全ての関数を1つのソースファイルに記述しても動作するのに、
わざわざ分割する理由を簡潔に述べよ。
解答例

目次に戻る


[4]基本知識(解答例)


[  1-1  ]
ヘッダーファイル

[  1-2  ]
ソースファイル
問題

目次に戻る


[5]プログラム書取(解答例)


[  2-1  ]

/* People.h */
#ifndef __PEOPLE_H__
#define __PEOPLE_H__

#include <stdio.h>
#include <string.h>

typedef struct {
	char name[256];
	int age;
	int sex;
} People;

/* 個人データを入力する */
extern void InputPeople(People *data);

/* 個人データを表示する */
extern void ShowPeople(People data);

#endif

/* People.c */

#include "People.h"

void InputPeople(People *data)
{
	/* 中身は同じなので省略 */
}

void ShowPeople(People data)
{
	/* 中身は同じなので省略 */
}
※分割には様々な流儀があります。
 全ての#includeをソースファイルで行う場合もありますが、
 筆者はヘッダーファイル内の方が手間が省けると考えています。
 関数のプロトタイプ宣言にはexternを付けない場合もあります。
 チーム内で開発する場合そのチームのルールに従いますが、
 (そのルールが自分に合わなかったり時代遅れだったとしても、
 形式の統一を図ることが最優先です。)
 個人開発の場合は己の流儀を決めて使い続けると良いでしょう。
問題

目次に戻る


[6]記述式(解答例)


[  3-1  ]
分割することでプログラムの見通しが良くなり、
再利用や多人数開発が容易になるから。
問題

目次に戻る


<−前に戻る  先頭に戻る  次へ進む−>