表紙 <戻 進>

   繰り返しを行う文   

  1. 第1項:繰り返し動作
  2. 第2項:回数の表示

[1]繰り返し動作


コンピュータは、同じことを何回でも繰り返してくれます。
必要とあれば、何万回でも何億回でも繰り返させることが出来ます。

繰り返しには、回数の決まっている繰り返しと、回数の不明な繰り返しがあります。
C言語では、回数の決まっている繰り返しには、for(フォー)文を使用します。
for文は、次のような書き方で使用します。


int i;
for (i = 1;i <= 繰り返し回数;i++) {
	繰り返す文;
}
この i は整数型の変数であり、繰り返しの回数を数えるために使われます。
当然、この i は、for文を使う前に宣言しておく必要があります。
次のプログラムは、for文を使用して、メッセージを10回表示する例です。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int i;
	for (i = 1;i <= 10;i++) {
		printf("メッセージ\n");
	}
	return 0;
}
このプログラムの実行結果は、次のようになります。

メッセージ
メッセージ
メッセージ
メッセージ
メッセージ
メッセージ
メッセージ
メッセージ
メッセージ
メッセージ
数えてみると、10回表示されていることがわかります。

目次に戻る


[2]回数の表示

for文を使用すると、繰り返しを行えることがわかりました。
このとき使用する変数を、カウント変数と呼ぶことがあります。
カウント変数は i でなくても、何でも良いのですが、
C言語では、慣習的に i を使用する人が多いようです。

繰り返し回数の値は、変数 i を参照することで、いつでも知ることが出来ます。
次のプログラムは、繰り返しの回数を表示する例です。


#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int i;
	for (i = 1;i <= 10;i++) {
		printf("%02d 回目\n",i);
	}
	return 0;
}
このプログラムの実行結果は、次のようになります。

01 回目
02 回目
03 回目
04 回目
05 回目
06 回目
07 回目
08 回目
09 回目
10 回目
結果を見ると、見事に10回表示されていることがわかります。

目次に戻る



<−前に戻る  先頭に戻る  次へ進む−>