表紙 <戻 進> i-mobile

   練習問題4   

  1. 第1項:基本知識
  2. 第2項:プログラム読取
  3. 第3項:プログラム書取
  4. 第4項:記述式
  5. 第5項:基本知識(解答例)
  6. 第6項:プログラム読取(解答例)
  7. 第7項:プログラム書取(解答例)
  8. 第8項:記述式(解答例)

[1]基本知識



[  1-1  ]
""で囲まれた文字列のことをなんと呼ぶか。

[  1-2  ]
数学で×の記号の代わりに、C言語ではどの記号を使用するか。

[  1-3  ]
数学で÷の記号の代わりに、C言語ではどの記号を使用するか。

[  1-4  ]
C言語では実数を表現するのになんと呼ばれる方式を使っているか。
解答例

目次に戻る


[2]プログラム読取

i-mobile


[  2-1  ]
次のプログラムを実行するとどのように表示されるか。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	printf("%d\n",20 / 7);
	printf("%f\n",20.0 / 7.0);
	return 0;
}
解答例

目次に戻る


[3]プログラム書取

i-mobile


[  3-1  ]
40÷13を計算し、式と商と余りを表示するプログラムを作成せよ。
解答例

目次に戻る


[4]記述式


[  4-1  ]
C言語では、整数で割り算を行った場合、
割り切れないときには結果を切り捨てるが、
それは何故か簡潔に説明せよ。
解答例

目次に戻る


[5]基本知識(解答例)



[  1-1  ]
文字列リテラル

[  1-2  ]
*
※アスタリスクと読む。

[  1-3  ]
/

[  1-4  ]
浮動小数点
問題

目次に戻る


[6]プログラム読取(解答例)



[  2-1  ]

2
2.857143
※整数の割り算は、四捨五入ではなく切り捨てであることに注意。
※実数の答えについては小数第2位程度まで合っていれば良い。
問題

目次に戻る


[7]プログラム書取(解答例)



[  3-1  ]

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	printf("%d / %d = %d ... %d\n",40,13,40 / 13,40 % 13);
	return 0;
}
※割るや余りの記号が異なっていても正解である。
※式を文字列として表示した場合も正解であるが、
 今後は変換指定子を多用するので慣れておいてほしい。
※計算を行わず、答えを文字列にした場合は誤答である。
問題

目次に戻る


[8]記述式(解答例)



[  4-1  ]
四捨五入を行うと、商×割る数、の逆計算を行ったときに、
その結果が、元の割られる数よりも大きいという矛盾が生じ、
計算ミスの元となるため、切り捨てにしている。
問題

目次に戻る



<−前に戻る  先頭に戻る  次へ進む−>