表紙 <戻 進>

   練習問題3   

  1. 第1項:基本知識
  2. 第2項:プログラム読取
  3. 第3項:プログラム書取
  4. 第4項:基本知識(解答例)
  5. 第5項:プログラム読取(解答例)
  6. 第6項:プログラム書取(解答例)

[1]基本知識


[  1-1  ]
C言語で画面に文字列を表示するのに何という関数を使うか。

[  1-2  ]
上記の関数を使うには、コンパイラに説明書を渡さなくてはならない。
そのための疑似命令と、渡す説明書のファイル名を答えよ。

[  1-3  ]
上記の関数で文字列を表示するときに改行するには記号を書く。
その記号全般のことをなんと呼ぶか。
解答例

目次に戻る


[2]プログラム読取


[  2-1  ]
次のプログラムを実行するとどのように表示されるか。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	printf("The pen is mightier\n than the sword\n");
	return 0;
	printf("Time is money\n");
}
解答例

目次に戻る


[3]プログラム書取



[  3-1  ]
画面に次のように表示するプログラムを作成せよ。
なお、2つ目の文字の頭が揃えられていれば、空白の数は問わない。

Intel  : Pentium4
AMD   : Athlon64
解答例

目次に戻る


[4]基本知識(解答例)



[  1-1  ]
printf関数
※他にもputsなど色々あるが、printf関数が基本である。

[  1-2  ]
疑似命令  #include
ファイル名 stdio.h
※#include <stdio.h> でも正解である。

[  1-3  ]
エスケープシーケンス
問題

目次に戻る


[5]プログラム読取(解答例)



[  2-1  ]

The pen is mightier
than the sword
※returnで関数が終了するため、以降は実行されない。
問題

目次に戻る


[6]プログラム書取(解答例)



[  3-1  ]

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	printf("Intel\t: Pentium4\n");
	printf("AMD\t: Athlon64\n");
	return 0;
}
※\tを使わず、スペースで揃えてもかまわないが、\tを使った方が楽である。
※文末の改行\nは熟練者でも忘れやすいので注意する。
問題

目次に戻る



<−前に戻る  先頭に戻る  次へ進む−>